不動産ネット山梨ホーム › 山梨県の不動産会社と住宅メーカー特集 › 2012年住宅白書 震災後、大きく変化した住まいの現場
震災後、大きく変化した住まいの変化
震災後、大きく変化した住まいの変化

震災後に求められるニーズから見る消費者の価値観への影響
2011年3月11日に発生した東日本大震災を受け、被災地はもとより日本全体にも多大な影響を残しています。
「自粛ムード」といった購入動機の萎縮が懸念され、電力不足が叫ばれた震災後。それから1年が経とうとしている現在、たとえ物を所有しても、失うことへの不安から買い控えの傾向にあると示唆され、また「癒し」がより求められる風潮である、という話を良く耳にしますが、山梨における住宅事情にあってはどのようなをもたらしたのでしょうか?

エコ・ロハス・自然エネルギー・耐震などの様々な観点から厳選した、「震災後、変化した住まいに対する施主のニーズ」積極的に取り組んでいるメーカーに、その動向を伺いました。
地域に密着した企業の生の声を、ぜひあなたの住宅計画にお役立て下さい。

グリーン・省エネ・エコ スローライフ・ロハス 自然エネルギー オール電化蓄電システム 耐震・免震・地盤 セキュリティ 水害対策 その他


ベスト11社発表
自然エネルギーその他

株式会社AKOSソーラーシステム

弊社はSHARP太陽光発電販売・施工認定店

株式会社AKOSソーラーシステム

弊社はSHARP太陽光発電販売・施工認定店です。
お客様の大切なご自宅に一番適した発電方法をご提案します。


株式会社AKOSソーラーシステム

太陽光発電について知ろう
太陽光発電システムは、屋根の上に設置した太陽電池モジュールを使い、太陽の光エネルギーで発電するシステムのことです。国・地方自治体も太陽光発電を取り入れることを推奨していて、導入にあたっては補助金制度が適用されます。つくった電気は実際にご家庭で使用して、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。自然の恵みから得られる再生可能エネルギーを活用する太陽光発電は、環境にやさしく、経済的にも嬉しいシステムです。


株式会社AKOSソーラーシステム

スペシャリストが集まる会社
地元、山梨に根付いた会社(家電店・電気工事店・瓦屋・保険屋・外構屋)のそれぞれのスペシャリストが集まって設立した太陽光発電の設計・施工販売会社です。
工事後のメンテナンス・アフターケアも充実していますからご安心下さい。ご地域の皆様によりよい住環境の提供をコンセプトに頑張ってまいります。


スローライフ・ロハス その他

有限会社 アイム

存在感とやすらぎの庭を・・・「自然と暮らそう・・・」は、当社のコンセプトです。


ガーデン用品の通販のほか、住宅、店舗などのエクステリアの設計・植栽、空間デザイン及びすべての施工業務を行っております。
より安い求められるようになってきたお客様のニーズに応えられるよう、新たな仕入れルートを開拓するなど、より良く・よりお求め安くご提供できるよう創意工夫しています。
オリジナル性・他と差をつけるデザインに強い当社ですので、個性的なものが好みの方、お気軽にご相談下さい。


耐震・免震・地盤その他

株式会社 グローブガーデン

「工事品質」と「お客様満足度」を第一にわかりやすい提案を心がけています。


エクステリアの設計・ガーデニングの商品の販売・新築・リフォーム・内装工事等を主に行っております。
震災後は、やはりより価格を抑えたいというニーズが強まってきています。
当社では、自社工事によりなるべく価格を抑え、よりよいもののご提供を行っております。
地震などの震災に負けない、壊れないしっかりとした施工・間違いの無い工事、お客様に安心・信頼していただける仕事をモットーとしております。


耐震・免震・地盤災害対策

産基建設株式会社

100年住宅の時代です!土地の手当てから建設まで

産基建設株式会社
産基建設株式会社

よい住まいとは
家造りは単に住むところを造るのではなく、2代、3代にも渡って、将来にその資産価値が失われない事です。
震災後は地震・災害等を懸念したお客様が増えておりますが、良い住まいとは、地震、風雪等の自然災害に耐え、風土になじみ、環境に配慮した家である事は、言うまでもありません。
経験を積み、熟知した施工スタッフがその100年住宅を実現します。お気軽にご相談下さい。


グリーン・省エネ・エコスローライフ・ロハス

株式会社 匠家

私たち匠家が大切にしているもの。それは優しく、楽しく暮らせる生活空間です。


燻煙木材を使用した家造りを筆頭に、古民家再生工事リフォーム増改築工事ペレットストーブの販売なども手がけております。
当社では国産木材を使用しており、震災後は放射能について心配されているお客様からのお問い合わせも多くあります。当社で使用する木材は放射能検査を行い、それにクリアしたものを使用しておりますので安全・安心。震災後、積極的にボランティア活動を行っており、国産にこだわりを持ち、自然環境に優しい家造りを目指し活動を続けています。
優しく、快適に暮らせる本物の家づくり」を理念として、自分のこだわりを持つ人、ローコスト住宅、ハウスメーカーに疑問を持つ方と一緒に上記のコンセプトを元にプロデュースしています。


スローライフ・ロハスその他

新海造園土木

弊社のモットーは、まじめできれいに早く、そしてできるだけお安くです。


山梨県で代々造園エクステリア等の仕事を行ってきました。造園に関することならばどこにも負けない自信があります。辛い状況である今だからこそ、当社の理想としている「目的の定められた、五感で感じ楽しめるお庭造り」で身近な楽しみをお安くご提供していきます。


スローライフ・ロハス

株式会社 長田興産

富士山と富士五湖の地で
「不動産から新築、リフォームまで、トータルサポート企業『 感動 』のワンストップサービスを目指して」


不動産の仲介・リゾート・田舎暮らし・土地・建築・リフォームなどのトータルなご提案・サポートをさせていただいております。
震災後、買い控えの風潮となっている最近の動向にあわせ、当社ではお客様のご提示された予算内で最大限に理想的な空間をご提供できるよう日々努力・工夫させていただいております。お気軽にご相談下さい。


自然エネルギー

株式会社 望月工務店

「職人気質」 住む人のことを一番に考え、家を構築する一つ一つの材にこだわり、もてる技術の全てを注ぎ込む。 職人気質とは本物の家づくりをすること


木造による一般建築、新築リフォームを主に行っております。
震災後は電力不足などの影響から、太陽光に関するお問い合わせが多くなりました。
当店では、太陽光の設置・アフターなども自社で責任を持って対応させていただいております。
当店のモットーである「住む方の立場に立ったモノ造り」を胸に、打ち合わせなども入念に行いお客様のご意向をしっかりと理解してから望んでいます。おかげさまで苦情0、現在も堅実な仕事を続けさせていただいております。


耐震・免震・地盤災害対策

土地マップス

少人数の会社だからこそ出来る、他社に無いサービス精神と行動力で、きめ細やかなサービスを。お客様第一主義に徹しています。

土地マップス

~東日本大震災後における山梨県の住宅事情~
当社は山梨県甲府市に拠点を置き23年に渡り不動産仲介・売買・買取を専門に営む宅建業です。年間に数十件ほどの不動産取引に関わりますが、あの大地震、大津波が映像として報道された東日本大震災から早1年、現在もその爪跡が精神的にも経済的にも日本中に大きなダメージを与えております。
「大津波に流される住宅」あの衝撃は今でも忘れる事が出来ません。私たちは間違えなくその教訓を活かさなければなりません。そして、顧客の住宅に対する思考も明らかに変化しております。


土地マップス

耐震性に対する不安
まず、第一に上げられるのは耐震性に対する不安感です。競売などで中古住宅・中古マンションを取得して「キッチン・洗面台・浴室新品!クロス張替え!」などと表記して販売している不動産会社がここ山梨でも数社ほど見かけます。以前はただそれだけのリフォームさえすれば商売になっていたものですが、今は勝手が違います。必ずと言っていいほど「耐震性は大丈夫ですか?」この手の質問が返ってきます。
阪神淡路大震災(平成7年)後に建築された建物の耐震性はほぼ問題がないと考えられます。当時も建物の耐震性に関心が集まり枠組壁工法(2×4工法)など地震に強いと言われる建物が良く売れました。更に耐震基準も見直され、ここ最近に建築されている建物ではまったく耐震性に問題はないでしょう。
阪神淡路大震災後以前、特に昭和に建築された建物には今ほどの難しい耐震基準がありませんので要注意です。白蟻の被害があり柱がぼろぼろになっているケースも珍しくありません。こうなると耐震性以前の問題ですが...もし心配と思われる方には耐震診断をお勧めします。市町村で行っている無料耐震診断もあります。詳しくは各市町村へお尋ね下さい。


土地マップス

総合的な自然災害に気を配る。
東京都内でも住宅用地の購入者の条件が海側から内陸側へと推移しています。津波や液状化の心配によってこのように推移しているのでしょう。また震災後に千葉県浦安市付近の埋立地はまったく売れないそうです。数千万円したマイホームの価値がほとんどゼロになる訳ですから、たまったものではありません。
その点、山梨県は歴史的に観ても比較的災害の少ない県だと言えます。大きな山々に囲まれているからでしょう。もちろん津波の心配はありません。むしろ地震というより総合的な自然災害に気を配る必要があります。温暖化の影響による豪雨での土砂災害・河川の氾濫などが考えられます。住宅用地をご検討の際にはその付近の過去の自然災害の歴史を探ってみるのも一つの方法だと思います。その付近のおばあちゃんに話を聞くとか、図書館などで調べる事も出来ます。町名に沼や池などの字が付く場所は要注意です。昔、沼や池だった可能性があります。各市町村のホームぺージなどでハザードマップも確認できます。


土地マップス

マンションの耐震性は?
マンションも以前は上層階を好む顧客が多く、要するにお金を出して眺望を買うという傾向でしたが、今は停電時のエレベータ使用の有無・自家発電の有無・免震構造等の有無など少し違った観点から物件を検討している方が多いようです。東京都内では上層階より中層階に人気が集中しているそうです。なんせ上層階になるとプラス1震度が増すとのことです。しかし、マンションに関して個人的な意見を述べさせて頂くと、それほど心配する必要はないと思います。今回の震災で東日本エリアの中で一棟として倒壊したマンションは有りませんでした。必ず安全とは言えませんが、この事実もお忘れなく。
近い将来必ず来ると言われる巨大地震に備え眺望や利便性を買う時代から安心・安全を買う時代へと変化しつつあることは間違えありません。なぜならば私たちは、あの大地震の、あの大津波の経験を絶対に忘れてはならないからです。


耐震・免震・地盤

富士建設株式会社

住みながら、「触発」される家。そんな家が、日本の暮らしを楽しく変えていきます。


山梨県という東海沖地震などに身近な土地柄ゆえに、耐震、枠組壁工法(2×4工法)などの技術を駆使し、1件1件その家に合った計算を行い、耐震性能の高い、安心の家造りを行なっております。
震災後は今まで以上に新しい生活に無理の無い様、お客様との打合せの回数を増やし、より綿密に資金計画などのすり合わせを行い、ご対応させていただいております。
今までの概念にとらわれない、ライフスタイルからのご提案「ライフスタイルイノベーション」で世界で1つだけの家を。より良い新しい生活を、設計力・施工力・デザイン力でご提案させていただきます。


グリーン・省エネ・エコ自然エネルギー

ハウスセンター甲府

グリーン・省エネ・エコな自然エネルギー

ハウスセンター甲府

山梨県内のお客様を中心に、太陽光発電システムの販売をメインに行っていますが、震災前と後では、お客様からの太陽光発電システムに関する問い合わせ件数が2~3倍になりました。


ハウスセンター甲府

自然エネルギー
なかでも多かった問合せは「停電時に電気を使用することができるのか?」という内容です。震災による東京電力管内の計画停電の影響が大きく、万が一の備えとして、太陽光発電システムを考えるようになったというお客様が圧倒的に多く、もともと自然エネルギーを利用したクリーンなイメージのものですから、これに付随して、省エネ・エコで環境にも優しいという認識であったと思いますが、計画停電が落ち着いた今では、電気料金の値上げ問題もあり、少しでも家庭の光熱費の節約になればと、省エネを重視する方も増えてきたと思います。


ハウスセンター甲府

クリーンエネルギー先進国
また、国や山梨県、地方自治体と太陽光発電システムへの助成制度がありますが、震災後の申請受付件数は、国に関しては震災前から後で月ベースの受付件数で約1.3倍に、山梨県の受付件数は震災前(H22年度)から震災後(H23年度)で約1.8倍と急激に増加し、今もそのペースは変わっていませんので震災から1年が経ちますが、まだまだこの傾向は続いていくと思われます。
消費者の意識向上や設置件数の増加に対し、国、県、地方自治体も補正予算で申込受付件数を増やす対策をとった事や、山梨県に関しては特に、県内の省エネルギー化の流れを加速させたいと、メガソーラーなどのクリーンエネルギー先進県としての取り組みに力を入れ、アピールをする事で震災の影響に加え、消費者のクリーン・省エネ・エコへの意識をより向上させているのだと思います。


評価基準
今回は震災後に高まった「耐震、災害対策」、太陽光などの「新しい形でのエネルギー供給」、不安な世の中での心の安らぎを求めての「スローライフ・ロハス」を主な基準として採用。
そこに「品質」と「低価格」を含め、安全性と経済性が高い11社を選出しました。

全社がホームページを持ち、情報も豊富、施主のニーズに敏感。ここでの内容だけでなく、「お客様自身の目で確認できる企業」です。

評価基準の中で重視したのは「震災後の変化したニーズに対応しているか」であり、現在の不動産企業を選ぶ中で最も参考になるデータを掲示しました。
編集後記

不動産に限らず、今我が国で急務なのは「災害対策とそれに連なる各産業の充実」です。今回の特集では、県内の企業もお客様も東北の震災以降、「住宅に対する考えが大きく変化した」のだということを実感しました。
ある企業によれば、リフォームおよび新築をされるお客様が真っ先に話としてあげるのが「耐震、免震、対災害」のことだそうです。また土地でも、河川の氾濫や土砂崩れ、富士山噴火時の事を考えて選んでいるとのこと。阪神淡路の震災の際もそうでしたが、最近は異常気象なども起きており、より「安全を買う」という思考が前面に出てきたように思えます。

昨今の電力事情のことを受けてか、自家発電や太陽光による独自のルートによる電気供給のニーズも目立ちました。最近ではソーラーパネルで発電した電気を保存できる、住宅用の新型蓄電池が開発されており、今後は電力会社の買い取りだけでなく、「補助電力、非常時電力として保存できる電気」として益々需要が高まっていくものと思われます。

また安全と経済性だけでなく「癒しの場」としてのニーズもより高まってきたと感じました。震災以前から深刻だった行き先の見えない不安だらけの未来。若者や働く中高年の世代だけでなく、小さな子供や老人に至るまで、それらは様々に形を変えて全国民に重圧をかけています。そうした重石を少しでも和らげる場として、家族とふれあいながらくつろげる空間、広く美しくのんびりと過ごせる造園を配置するなど「心が休まる場所を造る」ことも意識されてきているようです。

今まではここまでの希望を叶えるとなると、それ相応のコストがかかるのが常でした。しかし、現在は「低コスト、予算内で質の高いものを提供する」というスタンスを取る企業が増えてきています。「希望はあるけど資金がない」というのはどのお客様にでもある大きな悩みです。ですが、現在の企業はそれを前提として活動しており、その為の綿密な相談や見積もりのサービスも提供しています。今まで敷居が高かった不動産関係ですが、こうしたサービスを利用することで希望を叶える糸口が見つかる機会が増えているのです。

しかし、全体的に見てみると、規模の大きい企業や施主はそこまでこれらの内容に敏感なわけではないようです。大きな被害を受けた地域や、その後大きな揺れに見舞われた場所以外では不動産の話題は防災ではなく、やはり「価格」が中心です。太陽光や造園も、「料金が高いイメージがある」と敬遠されがちで、上記のように災害対策などに勤しむ方々は企業もお客様も総じて少ないのが現状のようです。ですが、このままで良いのかといえば、そうではないと思います。

東北の震災以降、各地で地震が頻発しており、以前から注視されていた東海地震の予測被害地域も見直され、より広範囲に甚大な被害が出ると予想されています。

山梨県も一概に安全とは言えません。この県には富士山という火山も存在します。
もちろん不安を煽っているわけではありません。ここで申し上げたいのは、こういった災害などに対して「県内の企業が対抗できる力や技術を持っている」ということなのです。それは災害対策だけではなく、最先端技術である太陽光発電に関しても、高いデザイン力を駆使しそれを低予算内で実現する造園技術にも言えることです。

震災以降、我が国の「安心」という絶対神話は崩壊した、と言われていますが、災害大国であるこの国の建築技法は伊達ではありません。現に、東日本エリアの中で今回の震災で倒壊したマンションは一棟もなかったという話があります。「安全で安心できる家」は造れるのです。その努力を惜しまない企業が県内にこんなにもあると思うと、とても誇らしく感じました。


2012年4月1日
山梨県不動産ポータル 不動産ネット山梨 編集部